ワークフロー


マルチステップのデータアノテーションプロジェクトを簡単に構築および自動化



Image

マルチステップのデータアノテーションプロジェクトの構築および自動化



ワークフローを使うことで、複雑なプロセスを手動で管理する必要がなくなり、優れたAI搭載製品の構築に時間を費やすことができます。






高品質のトレーニングデータを、半分のコストで20倍速く


ワークフローを使うことで、マルチステップのデータアノテーションプロジェクトを簡単に構築および自動化できます。コーディングの知識がなくても、シンプルなグラフィカルインターフェースを通じて、複数のジョブで構成されるワークフローを作成可能です。

お客様は、自動化されたデータルーティングにより、待機時間の削減、効率化を図る真のデータパイプライン・ソリューションへのアクセスが可能です。複雑なデータアノテーションプロジェクトをより細かく簡単なタスクに分け、各段階での作業設計および作業者チャンネルのカスタマイズにより高度なコントロールを実現します。




世界トップクラスのAIを実装する当社のお客様



Image
Image
Image
Image
Image
Image
Image
Image
Image




Image

ワークフローに期待できること:



大規模なコスト削減


人間によるアノテーションと機械学習を組み合わせることにより、大量のトレーニングデータを最大20倍のスピードで、最大50%のコスト削減を実現。AIイニシアチブの容易な拡張を可能にします。



プラグアンドプレイ


ワークフローには、グラフィカルユーザーインターフェースを採用し、スキルに関係なくどなたでも柔軟なルーティングルールでオペレーターを構成できるよう設計されています。これにより、限られた技術リソースへの依存がなくなり、最も重要な箇所が貴社独自の仕様に沿ってアノテーションされていることを保証します。



APIを介したデータパイプラインの自動化


ワークフローを設定し、当社のWorkflows APIを活用して新しいデータをプログラムで送信、リアルタイムで結果を簡単に取得できます。



アノテーションプロジェクトの品質管理を強化


コーディングを必要とせずにジョブを小さなタスクに簡単に分割、オペレーター間のデータルーティングを自動化することでジョブをより迅速に完了し、人的エラーの発生率を低減します。すべてのタスク作業者のカスタマイズおよび絞り込みの機能により、アノテーションの品質を最適化します。



自動化および 効率の向上


単一のレポートにおけるデータルーティングおよび結果のサマリーを自動化。手作業や段階を経て実行する必要のあるジョブによって生じる遅延を排除します。