トレーニングデータ


Appenは独自のアプローチで、信頼性の高いトレーニングデータを提供します



Image

信頼性の高いトレーニングデータによって 自信を持って世界トップクラスのAIの展開を実現



AIソリューションを確実に立ち上げるためには、適切かつ大量のトレーニングデータが欠かせません。Appenのパートナーならば、世界トップクラスの信頼性を備えるトレーニングデータの生成に必要な、クラウド、プラットフォーム、専門知識を大きく活用することができます。




トレーニングデータとその重要性について



トレーニングデータとは、ラベル付けがされたデータで、AIモデルや機械学習アルゴリズムに適切な判断を教えるために利用されます。

例えば、自動運転車に使用するモデルを構築するためのトレーニングデータには、車、道路標識もしくは人々を識別する画像や映像が用いられます。カスタマーサービスのチャットボット生成に必要なデータは、状況や業界により、文章および音声での多種多様な応対が求められるでしょう。そのデータは後ほどさまざまな言語に翻訳されます。どちらも文章と音声のデータですが、カスタマーサービスのチャットボットはさまざまな言語への翻訳が必要になります。

AIモデルやAIプロジェクトの成否をもっとも左右するのがトレーニングデータなのです。「Garbage in Garbage out(ガーベージイン ガーベージアウト)」という言葉がありますが、低品質なデータを用いたトレーニングで、モデル完成の目途が立てられるでしょうか。目途が立つどころか、完成そのものも難しいでしょう。

最善のアルゴリズムを使用したとしても、低品質のデータでトレーニングすることにより、機械は誤った内容を学習してしまいます。思惑通りの結果は出ず、貴社やお客様の期待に添うような働きをしてくれません。うまくいくかどうかは、ほぼ全てデータの信頼性にかかっています。


Image Image




Appenが選ばれる理由



トレーニングデータのラベル付けや収集は、自ずからできあがるわけではありません。信頼性の高いトレーニングデータの作成とアノテーションにはヒューマン・インテリジェンスの力が不可欠です。Appenの至要たる力が、高品質なトレーニングデータも支えます



Image

プラットフォーム



Appenのプラットフォームは画像、文章、音声、映像、センサーデータなどの収集とラベル付けをし、世界トップクラスの革新的な人工知能システムの構築とトレーニングおよび継続的な改善を支援します。特化された精確なツールだけではなく、スマートラベリング機能を備えたツールもございます。スマートラベリングとは、機械学習の品質、精度、アノテーション速度の向上を助長させる機能です。



詳細はこちら
Image

クラウド



膨大な量のトレーニングデータを作成するには、世界トップクラスのモデル導入を確実に行う必要があり、数多くのクラウドワーカーは欠かせません。また、クラウドマネージメントサービスは、貴社の要件に合わせ、それにふさわしいアノテーションの人材を確保できる豊富な経験が求められます。Appenには100万人を超えるクラウドワーカーが在籍しております。当クラウドの在住地は130か国を超え、180以上の言語をカバーしています。



詳細はこちら
Image

専門知識



20年以上にわたり、Appenは機械学習プロジェクトの分野で、これまでに6,000を超えるプロジェクトを実現してきました。この経験をもとに、今日のAIプロジェクトに求められる複雑なニーズを把握します。当社のソリューションにより、世界中のテクノロジー、自動車、金融サービス、小売、製造、さらには各国政府のリーダーにも必要とされる品質、安全、スピードを提供します。



詳細はこちら



トレーニングデータの種類



Image

文章



さまざまな言語で収集、ラベル付け、検証されたデータを使用し、テキストベースの自然言語処理を導入。

Image

画像



画像分類の収集および理解、セマンティックセグメンテーションにおけるピクセルラベル付けの迅速化により、機械学習機能にコンピュータービジョンを装備。

Image

音声



発話に絞ったデータは、タイムスタンプが付与され、180を超える言語および方言によって分類されます。この音声データを処理するインターフェイスの構築。

Image

映像



高品質の音声と画像のアノテーションを組み合わせ映像の処理を行い、機械学習に活用可能なトレーニングデータを生成。映像入力の理解および物体の認識、意思決定についてモデルに学習させます。

Image

センサー



センサーから直接得られるデータをアノテーションして、データポイントを活用。また、LiDARやポイントクラウド(点群)アノテーションなどの多種多様なデータソースの決定を機械学習モデルに習得させます。